建物検査・瑕疵保険

既存住宅の取引に“瑕疵保険”で安心と信頼をプラスできます!

詳しくは、パンフレット(個人間売買瑕疵保険)PDFをご覧ください。

 

【概 要】

瑕疵(かし)とは、「家の見えない欠陥」のことです。

中古住宅は住んでみないと瑕疵がわからないことがあります。

”瑕疵担保責任期間”とは、売主が物件引渡し後、家の見えない欠陥が発覚した場合に、

買主に補修等の補償をしなければいけない期間のことです。

この瑕疵担保責任期間は、おおよそ3ヶ月に限定されることが多いのですが、

売主の資力がなければ瑕疵に対する補償ができないため、

買主にとっては、中古住宅を購入するときに、瑕疵の対応が不安材料の一つとなっていました。

 

そこで平成22年4月から、国土交通大臣が指定した住宅専門の保険会社で取り扱いが始まったのが

「既存住宅売買瑕疵保険」です。

任意の保険制度ですが、加入をしていれば、購入した中古住宅に一定の瑕疵があったときに、

その補修費用が保険によって支払われます。

 

 

【保険の対象について】

保険の対象となる部分は、住宅の中でも、特に重要な部分である以下の部分です。

・柱、基礎などの構造上主要な部分

・外壁、屋根などの雨水の侵入を防止する部分

・別途、特約を付帯することにより、給排水管路等を保険の対象に追加することができます。

 

 

(保険のメリット)

売主様の売却後の負担をなくし、買主様の不安解消につながりますし、各種税制優遇の利用範囲が拡大します。

(各種税制優遇は以下の通りです)

・登録免許税軽減措置

・住宅ローン減税

・不動産取得税軽減措置

・贈与税非課税措置

・長期譲渡所得課税特例

・相続時精算課税制度の特例

 

(まずは建物検査をしましょう!)

保険を付保するためには、建物の検査をし、一定の基準に合格することが必要です。

検査所要時間はおおむね1~2時間程度です。

検査は、建築士資格を持った現場検査員が行います。

 

 

(保険金を支払う主な事由)

A 構造耐力上主要な部分が基本的な耐久力性能を満たさないこと

B 雨水の侵入を防止する部分が防水性能を満たさないこと

C 給排水管路が通常有すべき性能または機能を満たさないこと

D 給排水設備、電気設備またはガス設備の機能が失われていること

※特約をご確認ください。

 

(保険期間)

保険対象住宅の引渡日から1年、2年または5年となります。

(保険金の支払額)

200万円、500万円または1,000万円です。

 

(費用の負担について)

既存住宅売買瑕疵保険の費用は、誰が負担をするのか自由に決めることができます。

当社が売主様より仲介の依頼を受ける場合、検査費用を売主様負担、瑕疵保険費用は買主様または売主様負担とすることが多いです。

買主が、購入を検討している物件についても検査が可能です。(売主の承諾が必要です。)

 

(★不動産会社独自の保証「既存住宅売買瑕疵保険ではない」には欠点もあります。

既存住宅売買瑕疵保険とは別に、大手の不動産会社を中心にサービスの一環として独自の保証制度を設けているところもあります。

 

ただし、このような独自の保証制度では、税制の優遇を受けられません。

また、保証の対象になるには、一定の基準を満たしていなければならず、全ての瑕疵に対応するものではありません。