大手の抜き行為、見習いま~す(真面目に)

抜き行為。

既に売り買い双方の希望や諸条件がまとまっている売買の話しに、

横やり入れて、自分たちが盗んでいく。

それが抜き行為です。

 

当社で、すでに買主が決まっており、価格も取引条件も決まっているのに、

色々と事情があり、大手不動産仲介会社が売主様の仲介を担当することに。

そして、大手不動産仲介の営業マンが私がいない席で、売主様に美味しい

話しをしました。つまり、横槍を入れてきたというわけです。

詳しくは書けませんが、本当に会社の看板使ってひどい事をする。

「●●のリ●●●」の営業マン

不動産の売り買いする時は、たいがいは聞く名前でしょう。

 

本当にひどい。

会社の仕組みはひどくないが、そこに勤めているその営業マンは

人としての倫理を無視し、良い事、悪い事の判断が付かない人なんだね。

そう、自分勝手な人間。

会社は営業マンに厳しいノルマを課せているから、結局、営業マンも

人の道を外してでも、営業活動という言葉を言い訳に利用し、正々堂々と

抜き行為をするし、売上を上げることを考える。

営業マンに、その様な考えをさせてしまう会社も、ひどい指導をしている

という事になると思う。

こないだも私がルール違反について同会社の営業マンに説明すると、

その営業マンは、ルール違反という認識すら持っていなかったから、

実際には、大手であっても社員教育(ルールや人としての倫理観)などは

していないのかもしれないし、そういった社員教育をしていたとしても、

社員からすれば、口頭だけであれば証拠が残らないから、バレなきゃ良いし、

うまくやったもん勝ちという認識なのだろう

今回も、そういったことになる。

 

売主様の合意を得ているお客様(購入予定者)と当社は、共に被害を

こうむることになる。

 

●●のリ●●●の営業マンは、自分の利益ばかり優先し、

人として行うべき筋論は棚に上げ、売主様に対し、何の問題もない行為で

あることを然も当たり前のように説明し売主様を納得させてしまう

ホントに人としてやってはいけない事だと思う。

 

相手がある取引なのに、このような独断はホント困ります。

●●のリ●●●の営業マンは、購入予定者の利益は完全に無視しているのだから。

 

購入予定者と私が、その場に同席していたら、同じような振る舞いができた

のであろうか?影でこそこそ動き回るときは、会社の規模は大きな武器になるよね。

 

取引の基本は三方よしであるべきだと思うんだよね。

契約していないならまだ大丈夫!ってよくその口で言えたものだ。

自分たちにあまりに都合の良い営業トークをしているよね。

私もやっちゃおうかな、、、。

抜き行為。

やろうと思えば、バンバンできる。

だけど、今までやらなかったのは、私なりの理由があるんだ。

 

ということで、●●のリ●●●の営業マンに限らず、給料の仕組み上、

大手不動産仲介会社の多くの営業マンが同じ素質があると思っているので、

私としては、大手に限定し、逆に同じことをやってやろうと思いました。

 

抜き行為をされて、うれしい人はいないのだし、

そういったことをするなんて、人の道からずれているのだから、

やりたくはないが、、、。

それも営業活動だと割り切って、それでスッキリするのなら、

それでも良い気もしたりする。

とにかく、買主様利益を無視した活動は気にいらない。

 

自分の所で契約出来れば、こっちのものってことなのかな、、、。

そもそも、諸条件が既に合意しているのに、書面がなければ法的に問題ないですよと、担当者が話しを壊すようなことを言っていいのかい?契約を壊される購入予定者の事、少しでも考えたことあるのかい?

仮に自分の売上がどんなに欲しくとも、人としての筋道を通すべきですし、逆に売主様からそういった申し出があれば、その意見に対し、合意しているのだから、そういった話しは受けられませんと既然とした態度で断るべきでもある話しでしょ?

水面下で動いてほしいという依頼から、書面も一切取らずに信頼で活動したんだけど、それって、売主様からの口頭での依頼によるものなんですけどね。

売主様も、自分さえ儲かればいいから、既に合意済みである購入予定者と当社のことなんて、損でもなんでも勝手にしてくれて結構とでも思ってしまったのかい?

それって、本当にひどい事だと思うけどね。

 

 

私とは、根底の考え方がまるで違いすぎる、、、。

 

真面目に一生懸命やっていてもバカを見るんだったら、

大手の抜き行為をプラス要素の部分だけ見習ってやろうと謙虚に考えました。

この一件について結論はまだですが、私はそうすることにしました。

大手は、「不正」囲い込み営業堂々とできなくなってきたので、

つぎは、人としての行うべき道を踏み外して、自分の利を追求してきたようです。

大きな会社の看板を背負っているだけで自分がスゴイと勘違いをしている

卑怯な営業マンは、いつの時代でもたくさんいるものです。

 

絶対に(良い意味で)見返してやろうと思うし、

人としての筋を通して人から後ろ指をさされるような事はせず、

お客様利益をしっかり追求して活動をしていこうと改めて思いました。

 

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪