漢字が読めない宅地建物取引士。

先日の宅地建物取引士はあまりに(-_-;)でした。

先日、不動産売買契約を締結するため、他社様へ行ってきました。

 

契約当日、A社の宅地建物取引士(Bさん)が重要事項説明をすることに

なっていたので、私は買主様の横でサポートの立場です。

そして(Bさん)が、不動産の「重要事項説明書」を説明をされたのですが、

漢字がホントに読めないんだよね、、、。

(==;)正直これにはびっくり、、、。

こんな調子で、今までずっとお客様に対して説明をしてきたのだろうか、、、。

いきなり不安のスタートです(笑)。

「、、、、?」

「うう~ん、、、、?」

「○×◆▽∥÷’”YF)W=J‘{*‘P?>_|」

これは、まさか(==;)、、、。

 

Bさんは宅地建物取引士の資格を持っているという理由だけで、

A社の指示によって重要事項説明書を急遽読まされているだけ

なのかなと思ってしまった。

それって、お客様に対して大変失礼じゃないか!(笑)

 

それで何か変だと思ったら書類の作り手と読み手が違うようでした。

作業の分業自体は良いんだけど、説明している宅建士は物件のことを

もう少し知って説明しないといけないと思いました。

もちろん漢字も、、、。

そして、、、、。

これがダメ押し!

もう少し、分かりやすく説明してもらいたい(==;)。

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪