府中の不動産屋さんの毎日一覧

購入申込み1件と、申込み予定2件です!

2017年11月20日

最近は、不思議なことが起こっていて、お問合せがすごく

多くなってきました。

やはり、動きが活発になってきた。という事なのでしょう。

8月あたりはホントに動きがなくて、そりゃもう、シ~ンとしてましたからね。

そんな時は、一生懸命仕事をするよりも、家族と共に楽しいことしてた方が

良いので、のんびり、やっておくことをやっておこうって感じでしたね(笑)。

 

昨日ご案内をさせていただいたお客様は2組とも購入に前向きで、

諸条件が合えば、購入をしていただけそうな雰囲気です。

そうこうしていたら、1組の方からお申し込みをされたいという連絡がありました!

ぱちぱちぱち。

もちろん諸条件がうまくいけば、というのがポイントなんですけど、

私としては、お客様に気に入って頂けた物件ですから、何とか、

喜んでいただけるように、色々と調整をしてまいりたいと思っています。

 

さて、もう1組の方も、正式に購入したいという事で、ご連絡がありました。

こちらの方は土地先行購入の注文住宅の建築なので、すぐに購入申込書

をいただくのではなく、先に建物プランがある程度希望のものが建築できるのか

を知ることが先決なので、現在建物参考プランを作成中です。

さらに、今回の購入は、買替えなので、後日売却があります。

 

売却に関しては、ご自宅は築年がまだ浅いので、おそらく右から左という

感じのように思います。

もちろん、価格設定が大切なのは言うまでもないので、周辺の価格設定も

ちゃんと見ながら、どのように売却を進めていくのかも、その時の状況を

見ながらになるかと思いますが、慎重に行っていかないといけません。

買替えの場合、どうしても売れないと困りますので、最悪売却損が出ることも

頭の片隅に入れておかなければいけない点は注意が必要です。

もちろん、売却損になる物件ばかりではないのですが、

その立地、物件の状態によりますから、冷静に客観的な目を持っていないと、

いけません。

 

以前、素晴らしい物件なのに、どうしても売れない物件がありました。

その物件は、見学者は結構いましたし、私もしっかりと物件の説明もしていた

のですが、どうやっても売れないのです。

その時のお客様には、本当に迷惑をかけてしまいました。

今でも申し訳ない気持ちなのですが、

このような物件というのは、どうしてもあるもので理屈じゃないんですね、、、。

私自身、本当に注意しないといけないと、あらためて肝に銘じさせられた

出来事でしたし、反省せねばならないと思いました。

明日は、宅地建物取引士免許の更新講習です。

10時~17時まで、、、、(==;)。

缶詰です、、、。

 

今日は、本当に忙しかったよ(笑)

2017年11月19日

今日は、午前中が、マンションの契約でした。

(午後は、2組のお客様のご案内でした!)

契約のあった物件は、売却の委任を受けていた物件だったので、

お申し込みを頂けて私もとてもうれしかったです。

で、お客様に、すごく喜んでいただけたのは当然なんだけど、

↓↓↓これもかなり喜んでいただけたよ(笑)。というのはね、、、、

不動産の売買を行う時って、「重要事項説明書」を説明します。

その内容に、疑問、心配点などがなく、ちゃんとご理解

いただいてから、ようやく、「不動産売買契約書」の読み合わせをしていきます。

(プラス、その他の書類もね。)

―――――――

で、お馴染みで話しが脱線しますが、

重要事項説明書は、売買取引をするかしないかを判断

をしてもらうための説明書類なんですね。

だから、この説明を聞いて、取引を中止したい!と言われれば、

中止するものなんです。だから、遠慮なく中止にしてもらっていいのです。

とは言え、ここまでくれば、契約をしない人は普通の場合であれば、いません。

でもね、以前、私が買主様対応をしていた時、物元さんの重要事項説明書を

契約日の事前に見させてもらった時、取引中止にしたこともあったけどね、、、(笑)。

相手(仲介業者)はすごく怒っていたけど、その時の私の立場は、

買主様を守る立場だったから、絶対に契約をしたらダメ

だと思ったんだ(笑)。

当然、別の良い物件をご案内して、購入していただき、すごく喜んでいただきました(笑)。

こういうふうに、真摯にお客様に向き合う事が必要なんだと思うんだよね。

―――――――

(さて、大きく脱線をしましたが、以下続きです。)

 

そして、不動産売買契約書条項について、疑問、心配点がないか、

ほんとにしつこいくらい私から、どんどん質問してください!

と促すわけです(笑)。

だって、皆さん遠慮しちゃうでしょ?質問するのって結構勇気もいるんですよ。

そんなことも知っているから、どんどん質問を促しちゃうわけね(笑)。

 

――

そういうと、なんで、そんな七面倒くさいことをするのかって思うよね?

 

だって、皆さん、不動産に関しての知識って少ないでしょ?

わからないことが当たり前という前提で説明しないといけないよね。

私は、不動産取引で皆さんに後悔をしてほしくないのね。

――

で、褒め言葉としては「説明がわかりやすくて、とても勉強になりました!」

というセリフですね。

これは、毎回と言ってもいいくらい、皆さんに言われることです。

わかりづらい部分を、ちゃんとわかるように、言葉を砕いて具体的に説明を

するんですよ。

多分、ここまでわかりやすく時間に関係なく説明をしてくれる人って、

かなりかなりかなり、少ないと思います(笑)。

 

私はね、皆さんに、不動産取引を本当に楽しかった!

という良い思い出にしてもらいたいんだよね。

そこに気持ちが集中しているので、時間に追われるようなスケジュールも組まないし、

お客様の為に、時間を作れるように工夫しているんだね。

 

これって、本来は当たり前の事なんだけど、それができないのが世の常でしょ?

だから、私は「皆さんの楽しい思い出にしてほしい!」という考えは絶対に変えません。

これが、私のこだわりだし、私からお客様に対しての正義というか、信念なんだね。

 

それを自分なりに実現できているって、ホント幸せだし、ホントにうれしいことです。

 

そして、これが一番言いたいんだけど、

自分が幸せを感じることができる対応をさせていただける皆様に、

いつも感謝をする気持ちが大切だし、

それをずっと大切にできる人生でありたいと思っています。

 

ということで、今日は、自分にとっても、とてもうれしいお手伝いができたこと

が本当にうれしい!!

 

ご案内をした方々にも、きっと喜んでいただけたと思います。

「もし、気に入らないことがあれば、やめましょう!」といつもアドバイス

していますので、この後、なんて返事が来るのか、とっても楽しみなんだな(笑)。

「その物件は見送ります!」と断られたとしたら、

それは、お客様に正しい判断をしてもらうことができた、ということでしょ?

これは、うれしいよね(笑)。本音でね。

 

そして、売却の相談もありました。もう、おかげ様で連日続き!(笑)。

ということで、やっぱり、楽しい毎日!(笑)

本当にありがとうございます!!!

管理組合が3つあるマンション

2017年11月18日

 

マンションの契約書類を作成する時、難儀なのは、管理規約を読み込む事なんだよね。

管理規約はマンションのルールなんだけど、国土交通省が定めた標準管理規約って

のがあって、それを基にしてマンションごとに個別の箇所を変更するんだけど、

マンションによって、その記載内容はずいぶん違うのね(たぶん)。

だから、毎回、条文の箇所を探すのに苦労してしまうわけ。

もちろん、「●条」なんて記載もいちいち覚えていないから、余計に大変なわけ(笑)。

 

土地、戸建の取引書類とは、また違ったものがたくさんなので、マンションの取引を

する時は、これまた神経を使います(笑)。

頭が良ければいいのだが、、、そんなに良くないもので、、、(笑)。

で、今回は一団地設計制度の認定を受けて建築されたマンションで、1敷地の中に、

2つの建物(マンション)が建築されているのですが、このマンションの管理組合は

なんと、3つもあったんだね。

・全体管理組合 ・A棟管理組合 ・B棟管理組合

だから、管理規約もそれぞれあるので、やっぱり3冊あるわけです、、、(==;)。

 

今回、A棟の区分所有建物を売買するので、とりあえず

「A棟管理規約」と「全体管理規約」を読まないといけない。

 

管理規約をよく見ると、なるほど、当たり前のことがたくさん書かれているのだけれど、

ちゃんとした目次がないので、すごく見づらいし、探しづらいわけ。

頭がよくない僕には、ホント、苦痛のレベルを超えているよぉ~(笑)と、思います。

(↑もう、こんな感じだね(笑)。)

 

明日、契約なので、関連する重要な事項については、付箋をつけてあるので、

これで、説明漏れはないはずだぞ(笑)。と思います。

 

規約敷地、規約共用部分、専用使用権、共有持分とか、いろんなことが管理規約に

書いてあるのだけど、これをしっかりと理解して生活している人って、

どのくらいいるのかな(笑)。

多分、理事に立候補して何期も連続してやっているようなやる気満々の人以外、

なかなか理解していないんだろうねぇ(笑)、と思ったりもします。

 

 

これからも、こういったマンションってどんどん建設されるんだと思うんだけど、

書類作るの大変だね(笑)。

売主様と買主様へ、背任行為は楽しい!

2017年11月12日

私個人の意見ですが、背任行為は楽しくありません。

心にしこりが残り、いつもビクビクしなくてはいけないからです。

――――――

先日、当社のお客様(買主様)のご契約をさせていただきました。

 

その物件は、大手仲介業者さんが物元(売主様より売却活動の

依頼を直接受けている業者のこと)でした。

当社顧客と物件の見学をしたいので、担当者に連絡をした際に、

担当者のお話しでは、物件は良くない状態で、

「(‘$#?+`!~なので、見学しても、きっと見送りになりますよ。」

という説明でした、、、。

その数日後も、「台風が来るので、怪我の心配もあるので、見学をされる

のも心配です。本当に大丈夫ですか?」と連絡をくれました。

なんだかとても親切に見えますよね(笑)。

【私には、担当者の真意がこのように聞こえたわけです。】

ひどい物件だから、お客様を案内したって決まらないと思いますよ。」

「台風来るから、決まりもしない余計な案内したくないんですけど。」

ようは、自分でこの物件を抱え込んで、他社のお客様に見てほしくないんだろうなと。

 

【見学当日】

その担当者が、私達が見学をする前に、2組のご案内をしていました。

(台風直撃中です。)

当社が見学する約束の時間に、前の見学者がまだいらっしゃったのですが、

今まで担当者から聞いていた説明と担当者の行動があまりにちぐはぐで、

おもわず吹いてしまった(笑)。

ちぐはぐな行動が、なにかのジョークに見えちゃったのね(笑)。

その不動産の見た目は、現状ありのままでは素晴しいと言えるもの

ではないのですが、一定のメンテナンスをすれば素晴らしい物件に

化ける”ダイヤの原石”のような物件だったのです。

当社のお客様も冷静で客観的な目をお持ちで素晴らしい!

 

で、私がいつも感じるのはコレ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

あなたと、あなたの会社を信頼してくれた

売主様に対して背任行為をしている自覚はないの?

他社経由の買主様に対して、機会損失を被らせ損を

させているという自覚はないの?ってことなんだ。

 

物元は、売主のみならず、買主からも仲介手数料が欲しいから、他社のお客様

(買主)には、出来るだけ見学をしてほしくないわけです。

 

不動産仲介業は、不動産業者同士が互いに協同しあって、契約を

成立させる共同仲介で成り立っている業界なのだから、

大手だからこそ、他の会社の手本となるべき行動を率先して

もらわないといけないし、社会通念上当たり前の事だと思うんだね。

 

そうでしょ?

営業社員の我慢や律する力が足りないわけ。

残念なことだけど、会社は、いい大人になってしまった

営業マンの心の中まで教育はできない。

これが、法律に触れない悪質営業が無くならない

原因なんだと私は思っています。

右向けと言われたら右を向き、左向けと言われたら左を向くという

集団催眠にかかっているのかもしれない。

 

売主様の為にも、買主様の為にもならない事をすることなく

正々堂々と誠意を持ってやれば良いし、そんな目先の利益を

求めても仕方がないのにと思いましたね。

【一応フォローすると】

この担当者は、ノルマが関係なければ、良い人なんだと思います。

 

【そして私の本音】

こういう事をしないと、売り上げが立たなくて会社を維持できないのであれば、

規模縮小したら健全な考えを持った仕事できるんじゃないの?って話し、、、。

そのために、基本給を下げ、歩合給の割合を大きくした弊害でもあるのだけど、

「理想」と「現実」のかい離は、かなりあるものです。

我々の仕事は、社会的責任が大きいのは当然で、

人と人との幸せの架け橋を渡すお手伝いを、真心と誠意をこめて行う事だと思います。

何でも広告しだいでっせ。ウソ言ってないし、、、。

2017年11月11日

表題、とても変でしょ。広告会社がオススメしたこの広告ってひどいもんだよ。

詐欺まがいがあるからね。

ホントに、気を付けた方が良いので、書いちゃいましょう。

例えば、不動産屋さんを探すときって、口コミや評判が書いてあれば

一応興味はある人が多いと思うんだけど、あれ、当てにならないのが

沢山あふれているんだな(笑)。

気をつけなきゃいけないのは、評判や口コミなんて、お金さえ払えば、

どのようにでも書いてもらえちゃう

ってことなのね。

 

例えば、

・府中市の不動産会社で対応満足度ランキング 第1位!

・お客様が選ぶ不動産屋さんベスト5 第1位!

とかね。

これって、1位になったらいかにもスゴイでしょ(笑)。

こういった類は、からくりがあるんだ。

 

例えば当社を何かの1位にしようとするなら、うちが1位になれそうな

アンケートを作るんだ。

たとえばね、

・無名だけど、親切にやってくれそうな不動産会社第1位は。

・事務所は小さいけど、意欲がある不動産会社第1位は。

・府中市寿町限定!イメージの良い不動産会社第1位は。とかね(笑)。

で、ネット上でアンケート募って、一定数のアンケートが集まったら、

それらを集計するわけですよ(笑)。

 

でね、広告担当者いわく、どんなことでも”●●第1位”

という言葉に日本人は弱いんですよ、、、だってさ(笑)。

バカにしてんのか、、、(笑)

うそではないにしても、第1位を取得するためのコストも半端じゃない(笑)。

意味が分から~ん(笑)。

 

特に、こんなアンケートはありそうだよね↓↓↓

府中市での人気不動産屋さんランキング!

この場合「A社、B社、C社、D社、当社」の5社のみでランキングをつけてもらうのね。

で、当社のコメント欄をめちゃくちゃ褒めちぎれば、1位になる可能性あるでしょ。

もしこの結果が2位以下になったら、別の質問を再度作って、1位になるまで、

アンケートをひたすら繰り返すわけ(笑)。

数撃ちゃ当たる方式で、そのうちに”第1位”になる事もあるのね。

それを使って、

●●総合第1位に輝きました!!

ってやるわけ。

笑える。

滑稽。

うれしくない。

はずかしい。

バカみたい。

 

なので、広告に記載される順位なんて、

当てにしたら、ほんとカモになるだけだからね(笑)。

あくまで参考程度に見た方が良いよ。っていう本当のお話し、、、(笑)。

 

こういうバカなことを本気で言っている彼ら広告マンは、

仕事が取ることが目的なのだからね、、、。

中古の築浅戸建にはメリットがあります!

2017年11月11日

今日は、中古戸建の不動産売買契約がありました。

ここのところ契約続きで、手続きがたくさん山盛り状態です。

売主様から売却相談を受けて、売り出すまでに所要のため少し期間が

かかりましたが、売り出してすぐに当社より買主様をご紹介することができ、

売主様と買主様、共にとても喜んでいただけました。

さて。

築浅戸建のメリットは結構あるんですよ、のお話しです。

 

(1)住宅瑕疵担保責任保険の名義変更ができる!

新築戸建を購入する際、売主が保険をかけているのですが、

その保険を名義変更することで買主様が保険を引き継ぐことができます。

10年間の保証です!

(今回は名義変更手続き無料です)

 

(2)地盤保証の名義変更ができる!

新築戸建を建てる時、地盤検査をしますので、保証がついているんですね。

今日の契約は20年保証でしたよ!

(今回は名義変更手続きは有料でした、、、。)

 

(3)シロアリ保証の名義変更ができる!

今回の保証は、施工日からなんと15年間!

5年の保証はよく見かけますが、15年は初めて見ました。

施主様の意識が高い証拠ですね。

(今回は名義変更手続き無料です)

ということで、今回の物件については、これだけのメリットがついてきました。

さらに契約締結前に、買主様が”建物インスペクション検査”を実費をかけて

施され、安心感二重丸でした。

そして、私が仲介をさせていただき、更に安心の丸が増えたようで(笑)、

安心感三重丸となり、三方よしとなりました(笑)。

更に!

建物を建築した工務店さんが良心的でして、私が相談をした結果、

引渡しまでの間に、物件を再チェックをしてくれるというサプライズも付きました。

これはもう買主様としてはうれしい事間違いないですよね(笑)。

私もなかなかやるでしょ?(笑)

 

私も、双方の仲介という形になったので、両者に喜んでいただきたいと

思っているので、いろんなご希望が双方にあるわけですが、相手の事も

考えてのアドバイスをちゃんとしなくてはいけないのが、結構楽しかったし、

臨機応変な対応ができたことで、とても喜んでいただけました。

そうそう、契約の時に、私からのサプライズがありました。

そりゃ、喜んでいただきましたよ(笑)。

というか、おかげ様で自分が楽しかったのですけどね、、、(笑)。

不動産売買仲介業社員の労働環境改善!

2017年11月11日

不動産を仲介する大手さんの労働環境は、ある意味で良くなりました。

この前不動産仲介大手に勤続している友人から聞いたのですが、

「残業は何時間まで」と管理され、パソコンも決まった時間になると

アクセスが出来なくなるそうです。

“時短!残業は何時まで!”

“成績(売上)は落としてはならない!”という指示もバッチリ!

(そりゃ当たり前か、、、(笑)。)

一昔前なら、営業マンの裁量で時間も無制限(?)にあったわけですが、

時間は切り詰められているので、業務が大変だとの事でした。

「俺なんか、夜中の4時までチラシを配ったんだぜ!」という大ばか者も

沢山いたそうですからね(笑)。

ホント、意味の分からない自慢に辟易とします(笑)。

そして、”週末の案内は最低●件とれ!”という指示もあるそうで、

本気で大変なんだとか。

 

(私なんか発想が根本的に違うからノルマ達成は絶対むりだし、

最低給決定だな、、、(笑)。)

で、仲介手数料売上の大小によって、もらえるボーナス額(給料)が

大きく変わってしまうので、やり取りも自己中心的になる事もあります。

で、結局のところ、ほぼ全社員の給料が軒並み下がったそうで、

正直やってらんねー、、、ってことのようです。

社員からすれば、会社の都合で給料が下がるんだから当然の事ですよね。

 

それで、頭にきた社員や、できる(?)社員は、転職したり独立しているそうです。

 

こういう会社の方針転換の結果、営業マンは時短された後、

売上を上げるために、何を考え何をするのか。

ここがとても興味深いところです。

 

業界(というより、この輩たち)の悪癖習慣を脱皮させるするためには、

徹底した改革と管理が必要なのは仕方のない事でしょう。

 

その様な環境の中で、社員さんたちは一生懸命やっています。

社員さんが責任を果たそうとしているのは理解できるのですが、

お客様を裏切る行為をする事は、人として問題があると思っています。

 

会社サイドの本音は、コンプライアンスが言われるようになったので、

会社を守るために、社員に厳しくとも、結果を出さなきゃ給料下げるぞ!

それが本音であって、そのしわ寄せは「常に営業社員へ向く」ようです、、、。

今日の建物インスペクション検査は、素晴らしかった!

2017年11月10日

数日前、買主様が売主様の建物について、購入前に建物検査をしたいと

いったご希望がありました。

費用がかかることですが、買主様の購入前の不安をなくすという意味でも

とても良い行動なので、売主様にご相談をさせていただき、快諾をいただきました。

そして、本日、建物インスペクション検査が始まりました。

現地に10時集合で作業開始。

終わったのが午後の15時過ぎ位でした。

でね、通常の検査にプラスして、オプション検査というものがあって、

これは、素晴らしかったの一言!

サーモを使って確認する断熱材と柱がちゃんと入っているか?

これは驚きでしたね。

その他にも、色々とありちょっと書けないことも、、、(笑)。

建物の強度に関係ないこともオプションにはあって、私自身、このオプションは

初めて聞きました。

(もちろん、そういう機器があるのは知っていましたが。)

 

建物インスペクション検査を生業にしているプロが確認されるので、

その内容も多岐に渡り、いやいや本当に関心しました。

もちろん、今回の検査は金額もかなりのもののようです。

 

で、床下に潜ってシロアリと基礎の点検もされるのですが、

ちゃんと下にもぐるための薄手の洋服みたいなのを装着して、やっていました。

こういうところを見ると、ちゃんと社員教育がしっかりできているなと、

思いました。

 

で、結果として、不具合は許容できる範囲内であり、さして問題はないという結果

だったので、買主様も安心されたので、良かったなと思いました。

今回のように、買主様がご自身で建物インスペクション検査の業者を選定されたのは

初めてだったので、こういう事も面白いと思いましたし、別の業者が検査をされたことで、

私も違った会社(担当者)の対応を見ることができ、そういった経験も勉強になりましたので、

結果オーライでした(笑)。

 

そして、とてもうれしかったのは、この一言。

さりげないご夫婦の会話ですけど、

「ね。やっぱり戸建を選んで良かったね!」という会話。

買主様に、この物件とのご縁を喜んでいただけたことが、とてもうれしく感じました。

そして、今回当社へ売却の依頼をして下さった売主様も、この言葉を聞けば、

きっと喜んでいただけるだろうなと思いました。

本当に良かった!(笑)

うれしいことが山盛りな事

2017年11月09日

当社へ売却依頼をして下さった売主様の物件の購入者募集をしていて、

今回、たまたま営業努力が実ったのですが、2組の売主様と買主様の

お話しが進むことになりました。

で、売主様のご要望と買主様のご要望と、両者のご要望を伺うので、

色々と大変(笑)。

で、それぞれにご希望がたくさんあって、そのご要望にもお答えしなくては

いけないし、新規の売却のご依頼があったりと、案件がフル回転していて、

かつ、住宅ローンの事前審査と本審査と、郵送のやり取りなどが重なり、

結構いっぱいになっております。

今日は、住宅ローンの本審査書類をお仕事帰りにわざわざ届けてくれたりして、

本当に助かってしまいます。とてもうれしいです!ありがとうございます!

明日は、買主様が直接探して来られた建物のインスペクション(検査)をする

業者さんとの立会いがあったりと、あっち行ったりこっち行ったりです。

これは、買主様の為であるのは当然なのですが、売主様の為でもあり、

自分が動くことによって、皆さんが笑顔になってくれることを想像をすると、

とてもうれしい気持ちがこみ上げてきて、それで毎日がんばれています(笑)。

さらに、2年くらい前に土地を購入されて新築戸建を建築されたお客様から

連絡があって、隣接地の購入を検討しているという連絡があって、これまた、

相談ということで、こちらも久々に明るい声が聞けて、その笑顔を思い出しながら、

お話しができたのはとてもうれしかったです(笑)。

もう、2年も前なんですけど、そういえば、お客様アンケートを書いてもらっていなくて、

それについては私からは触れなかったのですが、お客様からごめんなさい!と言いながら、

近々送ります!と言われ、そちらもうれしくなったりしてね、、、。

ほんと、毎日がうれしい!

そして、今日は遠方からわざわざご来店して下さり、正式に購入したいという事で、

打ち合わせをさせてもらい、それもうれしくて、何と言っても、これがすごくうれしいんだけど、

売主様へ良いご報告ができて、とても笑顔の声で喜んでいただけたことが

またまたうれしく、、、(笑)。

毎日、たくさんの笑顔に支えられて、もううれしくて仕方がない!(笑)。

 

なんだか、今まで関わってきたたくさんの皆さんの事を思い出しながら、

うれしい気持ちがあふれています(笑)。

おかげ様でとっても忙しく、そして楽しく毎日が送れて、本当に皆さんのおかげで

感謝とうれしさがスペシャルにこみあげてきています(笑)。

宅建免許、明日から(2)になります。

2017年11月02日

ようやく、宅地建物取引業者免許が(2)になりました。

ハイ、こちら!

ぱちぱちぱち。

免許交付日は本日ですが、有効期限は明日から。

何とも不思議な感じですね(笑)。

 

ということで、スタンプ類も(2)で作り直しました。

宅地建物取引業者票は手間をかけずに、テプラで”(2)”を張っちゃいます(笑)。

だって、当初とっても綺麗に作ったんだもの(笑)。新調するのはもったいない!

その他、ホームページや他の媒体なども全部変えなきゃいけないんだなと

思うと、それだけでも結構な作業ですね。憂うつです(==;)。

 

 

もう一つ、宅地建物取引士証(旧宅建主任者証のこと)の更新手続きを、

本日やってきました。

こちらは法定講習を受けないといけないので、一手間あります。

9:50~17:20までかかるんだって。

かなりの長時間でしょ。眠っちゃう人いるんじゃないかなと予測(笑)。

その日は間違いなくお仕事はできませんね。

ということで、現在6期目中。

 

今日は、売却依頼を正式受託しましたので、そちらも数日中に公開いたします。

築後4年ちょっとなので、見ていただけると結構評価は高くなると思います。

 

それでは今期も、楽しく、愉快に、自由に行きたいと思います!