府中の不動産売却Tips

●売主様の思い入れは売却価格に影響するのでしょうか

物件の価格は、おおよそ周辺の需要と供給のバランスにより決まることが多いのですが、買主様は、売主様と同様に、時にはそれ以上に真剣に物件を比較検討しておられます。

売主様が長年生活をしてきたなつかしい思い出も、買主様の立場では、見えない価値観なのです。そのため思い入れだけでは、買主様が認めうる価値観とするのは難しいのはご理解いただけるかと思います。しかし、売主様が客観的に見て、これは素晴らしいと思うことは、ぜひ当社に教えて下さい。

募集の仕方によって、付加価値を付け、より良い売却が実現できる可能性は充分にありますので、まずはご相談ください。

●その査定価格は信頼できるものでしょうか

不動産会社は、売主様が数社に査定依頼をされている事を当然推測しております。そのため営業活動として、売却の委任(媒介契約)を受けるため、高額査定や魅力的な営業トークで、実際より高く売れるような説明がなされることが多いのですが、それによって売却後の計画が狂うお客様がおられます。

当社では、周辺相場を勘案し、豊富な過去の取引データを用いて、「適正な価格」での査定をしており、計画が狂わないよう、厳しめの査定をさせていただきます。厳しめに査定をすれば、より高く売れる分には計画が狂わないからです。

当社では、売却委任を受けるための「駆引き」はおこないません。なぜなら、売主様はそんなこと求めておられないと思うからです。正直に客観的に査定価格をご報告し、より高く売るためのテクニックは駆使しつつ、より売主様にとっての理想的な売却を進めてまいります。

●査定価格と売却価格について

売却(売出)価格は、売主様に決めていただきます。大切な所有者様の不動産の値付けを、当社が勝手にするようなことはありません。

注意としては、より高く売りたいからと言って、あまりに無謀な価格で挑むのは逆効果になります。

より高く売るためには、ある程度客観的価値を踏まえた価格設定が必要になってきます。

買主様も真剣ですから、周辺の物件と比較検討をしています。

当社では、買主様にしっかりと物件のアピールをし、よりご満足のいただける売却を目指します。

一般的には、査定価格で市場に公開すると、3か月以内に成約するといわれており、より高い価格であれば成約が遅くなり、より安い価格であれば早く成約するのが一般的です。ただし、その地域や不動産の条件、需要と供給のバランスにより、一概には言えません。

●買取査定について

買取は、内密に売却をしたい場合や、期日が限られている場合に、有効な売却方法です。

買取は、みなさまから不動産を購入し、手直しをして利益を乗っけて再販売することが目的になりますので、通常の売却よりは安価になる傾向があります。

買取を依頼しなくとも、買取価格のだいたいの目安を知っておくのも、安心材料になりますので、ご希望により、買取額のおおよその目安をご提示することも可能です。

●税金・遺産相続・土地の値下がり等が心配な方に

所有を続けることにメリットを感じられないような不動産は、売却して現金化することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

そのようなことを解決するための一歩としての当社の査定を活用するのもいい考えだと思います。

●現在売却中の方へ

売却活動をしていても、なかなか売却ができない場合があります。

その場合、売却価格の設定が間違っていたり、物件のアピールがしっかりできていなかったりすることもあります。

その場合、不動産会社を変えるのも一つの方法となります。

売主様が、依頼した不動産会社。なぜその不動産会社に選んだのでしょうか。

売主様に選ばれた不動産会社は、売主様の期待に応えてくれそうでしょうか。

売却は、売主様と営業マンとの二人三脚で進めていくものですが、より高く売るには活動計画(戦略)が最も大切であるのは言うまでもなく、ただ単に情報公開するだけでは駄目なのです。

当社では、活動計画をしっかりと提示し、より良い結果を導くよう、しっかりとお手伝いをさせていただきます。