ひどい!工事担当。

【まずは、結論】

責任を果たせない者は、責任を背負う仕事を

してはいけない。

今日は、以前土地をご購入いただいたお客様の

注文住宅が完成し、引き渡しをする日。

約1ヶ月程度前からハウスメーカーの担当者から、

連絡を受けていたので、今朝10時ちょっと前に

ご新居に伺ってきました。

すると、、、。

ハウスメーカーの営業担当者が激怒の模様、、、。

(約束時間前だったので、施主様はいません。)

で、私が物件を見ると、外構は、一部できておらず、

そうゆうものかと思うような感じだったのですが

、営業担当者いわく、なんとまぁひどい状況、、、。

営業担当者から工事担当者に、

本日10時に引渡しと説明をしており、

この1週間では、何回も工事の進捗について確認

の連絡を入れているのに、「問題ない、引渡日まで

に工事は完了する。」と報告を受けていたのに、

当日工事ができていないというありさま。

室内を見せていただくと、クロス貼り、キッチン、棚、

インターフォン、扉、照明が未施工、、。

当然、傷補修やクリーニングも出来ていません。

これには、営業担当者も肩を震わせており、施主様に

頭を下げて電話をしていました。

そして、工事担当者には、怒りの電話を私の横でして

おり、今までその温厚だった営業さんの別の一面を

初めてみました。

これは、相当にマズイことです、、、。

お客様にとっては人生の門出の日、記念日になるは

ず日だったわけですから、、、。

お仕事だって休みを取って、この日のために、

準備していたはずですからね、、、。

 

私が営業担当者だったら、この工事担当者になんて

言っていただろうか。

私が当事者だったら、こんな事では済まさないかもしれ

ない。

「今から、ここに来い!!そして、今までの進捗とこれか

らの事をお客様に納得がいくように説明しろ!!」って

怒鳴りつけてやっているでしょうね。

当然、損害補てんについても検討させますね。

 

営業担当者は、何度も何度も、工事担当者に確認

の連絡をしているのに、工事施工をしている担当者

がウソの報告を上げていたのですから、前代未聞だ

と思いました。

とはいえ、施主様からすると、営業担当者が窓口で

すから、その尻拭いも営業担当者がしなくてはなり

ませんし、上席、部長クラスの判断を仰ぐという事に

なるようです。

その場合、連絡をまめにしていた営業担当者自身も、

工事担当者・現地の状況を未確認にしているという

等の理由を並べられて、絶対に何かしらの処分があ

るように思います。

 

営業担当者としては、何ができたのか?

工事担当者からはウソの報告を受けていれば、それ

もどうしようもないし、かといって、施主様には、関係

のない話しだし、ホント気の毒でした。

なにより、施主様は、私から土地を購入いただいた

方ですから、気の毒で仕方がありません。

営業担当者によると、引越しは明日で、現在の賃貸

住宅の契約期間も満了するため、引越しを延長でき

るのか、その場合の家賃保証をどうするかとか、いろ

いろと関連した問題が出るように思います。

 

私も、こういう経験は初めてでしたが、こんなバカ工事

担当者がいるんだなって、改めて希少な経験をさせて

いただきました。

 

ウソなんて最初っから言わなきゃいいのに。

ウソ言って、相手の信頼を裏切るなんて、

あり得ないよね。

ウソ言って、その時をうまく乗り切っても、後で、

バレタときのことって、まったく想像できないん

だろうね。

これも、経験値が少ないってことなんだろうと思

うけど、ホント迷惑なことです。

人に迷惑をかけないように失敗してほしいよね。

 

このあと、施主様には、どうお詫びするのだろうか、、、。

請け負うという責任を果たせない人は、そういう責任を

背負う仕事をしてはいけない。

 

一番まずいのは、施主様がいろいろと段取りを組んで

調整をしてきたことを、根本的にすべてをひっくり返し、

人生の門出となる記念すべき日を台無しにしてしまっ

たこと。

これは取り返しがつかない、、、。

 

―――――――――――

PS.後日談として、施主様から連絡を頂きました。

ハウスメーカーを選んだのは施主様なのですが、

施主様がおっしゃっていたのが、「もう、このハウス

メーカーは友人には紹介できませんね。ほんと、

参りました。」と言われました。全く同感です。

 

同じ仕事なら、なぜ、喜んでいただける仕事が

できないのだろうか、、、。 ホントに損、、、、。

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪