マンションのペット飼育の「小動物」って、、、。

各マンションには、規則(みんなが仲良く生活する

ためのきまり)があります。

その規則とは、「管理規約・使用細則その他」の事です。

年月の経過とともに、内容が現況に則さなくなる事は

あるので、その場合には、総会などで、部分的に

内容の変更をするというわけです。

――――――――――

で、今回困っているのが、これ。

あいまいな表現の「ペットの飼育」

以下に、管理規約に書かれているその内容を書きますね。

第4条(ペットの飼育)

 ペットを飼育する居住者は、下記事項を遵守しなければならない。

一、飼育することができるペットは観賞用の小鳥・魚類の他、

 居住者に迷惑又は危害を及ぼさない小動物とする。

 但し、身障者が盲導犬・聴導犬・介護(助)犬等の動物(以下「盲導犬」という。

 当マンションで飼育できる盲導犬等は、所定の期間による訓練を終了し、

 盲導犬等として登録がなされているものとし、登録の内容を当マンション

 管理組合に届け出ることとする。)の飼育を希望する場合は、これを認めるものとする。

二、法定の予防注射や登録を確実に行い、健康診断等を受けさせ、常に健康を保つこと。

三、ペットは自己の専有室内で飼育するものとし、ペットが勝手に廊下、

 バルコニー等の共用部分にでないよう管理する事。

四、ペットの臭気・鳴き声等が他の区分所有者及び占有者並びに

 近隣住民等の迷惑にならない方法で飼育する事。

五、ペットの排泄、ブラッシング及び洗浄は専有室内で行うものとすること。

―――――――――――

「迷惑又は危害を及ぼさない小動物」ってなに???

規約には、上記のような記載があるのに、管理会社が発行する

「重要事項に係る調査報告書」には「ペット不可」と書いてあるんです。

規約があいまいな表現で、かつ、管理会社が言っている事と規約の内容が

一致しない、、、。

管理会社によると原則不可の理由は、「ペット飼育細則がないから」だそうです。

どっちなのよ、、、いったい。

 

例えば、日本小動物獣医師会 – Wikipediaだと

小型犬は小動物と書いてあり、

ピクシブ百科事典だと小型犬が含まれることもあるし、

含まれないこともある、と書いてある。

現地の管理人は、「小型犬を飼育している人はいますよ。

トラブルにもなったことないです。」って教えてくれたんですけどね。

今日は管理会社の担当者が休みで、明日は祝日で休み。

結局連絡が取れないので、それならばと思い、当時の分譲主を調べて

連絡をしたんですが、当時の記録が残っていないから、わからないそうで、、、。

(==;)おぉぉ、、、。結局謎だらけかぁ。

 

やっぱり管理組合若しくは理事長に聞くのが一番なんでしょうけど、

管理組合は住民の集まりというだけだし、理事長も実質代表権が

あるようで、ないようなものだし、、、。

こういうあいまいな規約や、管理会社の規約と正反対の回答は、ホント困るよねぇ。

仲介をさせていただく立場では、適当な事は言えないからねぇ、、、。

白なら白、黒なら黒、グレーならグレーと

明言しなくてはいけないんだから。

あぁ、ほんとモヤモヤする!

早く、明後日になってほしい。そしてこのモヤモヤを早く解消したい。

ホントに、このモヤモヤが気持ち悪い(笑)。

お客様はもっと、モヤモヤするよね。

これは初の経験だなぁ、、、。

そういう意味ではラッキーでもあるけども、、、。

―――――――――――

【追記、後日談】

結局のところ、管理会社も明言できませんでした、、、。

そのため、管理組合(理事会)に諮って結論を出すことになりそうです。

が、それも数か月要する可能性があるそうです、、、。

 

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪