今日は、学校で絵本読みました。

今日は、小学校3年生の教室で、絵本読みました。

ハイこちら!

どうです。いいでしょ。

題名は「はしれ!カボチャ」です。

カボチャに色っぽい網タイツの足がついていますが、

これ、おばあちゃんの足(笑)。

笑えます。

 

そして、読む時間になりました。

教室の前に立って、

「おはようございます。今日は、”はしれ!カボチャ”のお話しをします。

真面目に読んでほしいですか?楽しく読んでほしいですか?」

と聞くと、数人から小声でたのしくぅ~と聞こえてきました。

ちょっと、一体感に不足を感じた私は、

(一体感なんかいらないかもしれないが、、、(笑)。)

黒板を見て、日直さんの名前を呼びました。

私「じゃぁ、今日日直さんの中村さん、どっちがいいですか?」

中村さん、手をまっすぐにあげてくれて「楽しくが良いで~す。」

私「じゃぁ、楽しくふざけてお話ししましょう(笑)。」

 

そして読み出しました。

「はしれ!カボチャ」

「ある日、おばあさんのもとに 手紙が届きました。

孫娘の結婚式のお知らせです。」

次ページをめくり、セリフもないのに、おばあさんの顔が出た瞬間に

「うにゃぁ~~~っ!!」と喜びの声を出しました。

すると、大うけ(笑)。

 

そして、結婚式に向かうおばあちゃんの前にオオカミ、クマ、ライオンが登場。

みんな同じセリフなんだね。

怖い感じの声で「ばあさん、お前を食ってやる!」

けっこう臨場感があったようで、面白かったようです。

 

結婚式が終わって、帰る時、孫娘がおばあちゃんを大きなカボチャに入れて帰らせました。

すると、その帰り道で、順番に、ライオン、クマ、オオカミが現れました。

「やい かぼちゃ、 ちっこいばあさん見なかったか?」

カボチャ(おばあさん)は、(私が勝手に、歌風にアレンジをして)

「♪み~なかった、みなかった。爺さんも婆さんも見なかったぁ♪。

ゴロロン ゴロロン カボチャよ走れ!走れよカボチャ ゴロロンロ~ン♪」

と言いいました。

あっけにとられているすきに、カボチャは転がって逃げてしまいます。

このパートが3回あるので、3回目の時に、

「せ~の」というとみんなが「み~なかったぁ~・・・。」と、みんな一緒に歌ってくれました(笑)。

これはもしかすると、学校での絵本読みで子供たちと一緒に歌うという、初の快挙に違いない(笑)。

私は勝手にそう思いながら、楽しく読み進めました。

そして、無事お家に帰ったおばあちゃんはうれしそうにしていました。

 

そして3匹の動物はおなかをすかして、怖いカボチャの夢を見ていたそうです。

おしまい。

 

そ~んな、おはなし。

みんな、けっこう楽しかったみたいで、喜んでもらえました。

「また、今度も面白い話聞かせてよ」って言われました(笑)。

パパがこうやって絵本読むことがとても珍しいらしく、まさに珍獣のように喜ばれました(笑)。

やっぱり、子供たちの笑顔っていいですよねぇ。

 

という事で、今度は2か月後、楽しい話しができると良いなぁ(笑)。

 

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪