今日は、子どもの空手の体験入道。その後の物件見学のこと。

今日は、私が住んでいるマンションのクラブ活動で、「空手サークル」がありまして。

そこに、子供たちを体験入道に初参戦しました。

で、「宅建の過去モンGO」や「マン管ワンダーランド」でおなじみの石坂ヒサッシー先生もおりましてね。「エイッ!エイッ!」って気合いの入った声出してました。

この人が、「石ちゃん」こと、ヒッサシー先生です。

で、子供達が真剣にやっていて、なんだかね、私もやりたくなっちゃった(笑)。

本当は私も空手をやりたい気持ちがあるんだけど、土曜日とかの9時からじゃ、さすがに参加できません。

で、子供達を見ていて、私がある意味恐ろしいなぁって思ったのは、息子が調子に乗ってパパをいじめるのではないかと、、、(笑)。

まだ小学校3年生なので、パパは無敵くらいに思っているようで、おもちゃの剣とか使って、強く叩いたりするわけ。痛いのよぉ~。

でね、私はお仕事に出勤しないといけないので、途中で退室して出勤したんだけど、今日は、お昼ご飯を食べるために、珍しくお家に帰った訳、、、。案の定やられましたよ、、、キック、鉄拳(笑)。

もう、お家帰るのいやっ(笑)。って感じ。でも帰りたいって感じ(笑)。

――――――――――

今日は、物件見学(ご案内)がありました。

その物件は、府中市晴見町にあるマンションでした。

専有面積は、数値で見ると、それほど広くはないのですが、実際に見るととても広く感じました。出窓と窓の数、立地と採光面、眺望などはとても良くて、良い感じでした。

 

このマンションは、売りに出ると比較的早く売却されてしまうのですが、なるほど、納得でした。

マンションなのに、トイレに窓がある。

角部屋じゃないのに、2方向に窓がある。

大きな出窓があり、開放感が高い。

風通しがよく快適。

眺望がよく、商店街も近い。

病院も近く、何かあった時はとても便利。

バス停も近く、大雨の時は重宝しそう。

など、いろいろと特筆すべき点が数多くありました。

そして何と言っても、価格が比較的お手頃感があるので、一次取得者には理想的でした。すぐに売れてしまうのが、よくわかります、、、(笑)。

 

 

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪