不動産探し・不動産売却は情報さがしでもあります

不動産探しは情報さがしと言っても過言ではありません。

私は、銀行系不動産仲介会社から起業したため、いろんな裏話も知っていますが、実は、起業してから学んだことの方が多いかもしれません(笑)。なぜなら、不動産サラリーマンは閉鎖的な環境に置かれているからだと思います。

 

不動産はその名の通り動かせません。ですから、物件は外にあるのであって、事務所にはありません。

では、その物件をどのように探すのか、、、。

それは情報を探すことにほかなりません。

 

不動産売却も情報さがしです。

買ってくれる人(=買い情報)を探すのです。

そのお客様をどのように探すのか、、、。インターネットだったり、紙媒体だったり、来店だったり、紹介だったりです。

 

で、この情報と情報がマッチングすれば、めでたくご成約ということになります。

 

 

買う場合は、

買う前の知識が必要です。騙されないということもありますが、安心して楽しむためです。だから、弊社では、その知識について事前にじっくりと説明をしています。

 

売る場合は、

売る前の知識が必要です。騙されないということもありますが、安心して業者に売却活動を任せることが出来るようにです。だから、弊社では、その知識について事前にじっくりと説明をしています。

 

そのすべてが、情報なのです。

 

では不動産業者の中で情報格差があるのでしょうか。

あると言えばあるし、ないと言えばないのです。

わかりづらいですよね。その答えは、あなたを担当する人の行動力がものを言います。会社の情報だけではないのです。

不動産の情報というのは、 会社 対 会社 の情報と、 担当者 対 他社担当者 の情報があります。

担当者対他社担当者の場合、個人的な横のつながりがものを言います。

大手さんは横のつながりは持ちません。癒着の問題があるため、そのような情報は取らないし取らせないのです。

要するに、堅いのです。

 

その点、我々のような小さい会社は違います。

横のつながりを大いに発揮することが出来る土壌が出来上がっています。

決定権については、大きな会社は順序があるため時間がかかりますが、小さい会社は、社長の鶴の一声です。

コンプライアンス上、会社は規則で社員を束縛しなければなりません。

社員の不祥事が起こると会社の屋台骨が揺るぎかねないからです。ですから、大手の場合、冒険のようなことはできません。確実に確実にという案件以外は手を出さない、出させないのです。

 

小さい会社は違います。地元に密着して人間関係を長年大切にしてきた土壌があるため、信頼関係で、フットワーク軽く動けるのです。つまり、冒険(気配案件とでも言いましょうか、、、)に近いことも軽くこなせるのです。

地場の不動産屋さんの規模は小さいです。社員数も少ないです。そのため、不動産取引数が少ないと思われがちですが、実はそうではありません。長年の信用によって、取引をかなりしています。1人当たりの取引数では、大手の社員よりもしている事もあります。

 

大手の社員は転勤族です。ですから10年前に頼んだ担当者はどこにいるかわかりませんし、軽く質問なんてことはできません。

地場の地域密着の小さい会社はどうでしょう。転勤はありません。一度取引したら、絶対に忘れることはないでしょう。だから、いつでも気軽に相談ができるのです。しかも無料で。

 

あなたは、大手と地域密着の小さい会社、どちらが良いですか?

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪