建物インスペクションと耐震診断のこと

非耐火建築物の場合築後20年超、耐火建築物の場合築後25年超の物件は、住宅ローン控除、登記費用の軽減措置、贈与税の非課税枠の適用が原則受けられません。
しかし昭和56年6月以降に建築確認申請をしている物件については下記の要件を満たせば、その適用を受けられることがあります。

 

(建物インスペクション)
建物の状態を目視でチェックするものです。第三者機関が対応いたします。
建物検査に合格して、個人間売買瑕疵保険に加入する。
(耐震診断)
建物を設計図書および現地においてチェックするものです。第三者機関が対応いたします。
検査に合格すれば、耐震基準適合証明書の交付ができます。

詳細は、ご相談下さい。

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪