賃貸と購入。どっちが得♪

 

 

 

賃貸と購入ではどっちがいいのか?って、ほとんどの人が気になるところです。

私はどちらかと言えば、購入派、売却派です。

かといって、やみくもに購入・売却をオススメはしません。人によって、賃貸の方がメリットを受けられる方もたくさんおられるし、その逆もあります。
ですから、私が皆さんに聞くのは、どうして購入したいのか、どうして賃貸にしたいのか?ってことなんです。

 

ケース1)
賃貸にするか売却するか。
最初、賃貸にしたいというご希望があったので、賃貸募集をかけておりましたが、どういうわけか購入したいという申し出が他からありました。
最終的に迷われて、賃貸募集を中止し、その1年後に売却をしました。
賃貸にしたかった理由は、定期収入を期待してのことでした。しかし、管理の手間、家賃滞納の対応、空室後のリフォーム費用等を考慮すると、とても採算に合うものではないことが理解できたため、売却をしたという経緯です。

賃貸をすると、売却代金と同額を手にするまで何年もかかり、リフォーム費用や固都税の目減りを考慮する必要があります。

こちらのお客様には、売却後まとまったお金が入り、喜ばれたのは言うまでもありません。

 

ケース1-2)

売却せず賃貸にした。毎月の固定収入があるため安心です。

しかし、1室または1戸建ての場合、収入100%か収入0%ということになるので、空室時は、維持費用だけが掛かります。人が生活をしないと、空気が滞留しない為、室内が痛むのです。立地の良い物件であれば、空室が出ても次の入居者が割と早めに決まることでしょう。その逆の場合・・・大変なことになることもあります。

 

ケース2)
購入するか賃貸にするか。

最初、ご主人が賃貸が良いという事でしたが、奥様が購入が良いということで相談がありました。
日本の場合、賃貸に住んでも購入をしても、結局は、家賃、住宅ローンという名前の支払いがかかってきます。
親御様のお家に同居できたり、格安で社宅に住めるのであれば問題ないのでしょうが、社宅の場合、いずれ出て行かないといけない為、ある程度高齢になってから購入するとなると、現実的にはムリがあるため、40代になる前に社宅を出て購入する方が多いのが実状です。

 

ケース3)
賃貸に住みます。
この場合、賃料は、大家さんの利益のための支払いであり、入居者の為になりません。

とはいえ、ライフスタイルを自由に変えることが出来るのが賃貸の良いところです。

 

ケース4)
購入します。
この場合、住宅ローンは、将来の貯蓄とみることが出来ます。将来、自分の不動産を売却した際、まとまったお金が入ることが期待できます。
不動産を保有すると、固定資産税・都市計画税の支払いがあります。車でいう車両重量税みたいなものです。

また、それ以外にメンテナンス費用もあります。10~15年で外装塗装、屋根補修をした方が良いと言われています。

住宅ローン返済額+固都税額+メンテナンス費用は、賃貸の家賃と比較しても多くなることは稀です。

そして、ほぼ同額の支払いに係らず、広くて自由度の高いお住まいに住めるのです。

 

 

ケース5)
引越がとても多い人。
この場合、賃貸の方が良いかもしれません。
しかし、引っ越しのたびに、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険、鍵交換費用、等がかかります。
引越貧乏と言われるゆえんです。

 

ケース6)
購入後すぐに転勤となり、売却。
これもたまにあります。
この場合、また戻ってくる見込みがあるのであれば賃貸にし、戻る見込みがないのであれば、すぐに売却となります。
築浅で居住月数が少ない場合、稀に購入したときよりも高く売れる物件もあります。

 

 

その他にも、人それぞれあります。
上記は一例であって、全てに方にあてはまるものではないことは念のためご承知おきください。

困ったことは、とにかく相談です♪

投稿者: わいわいアットホーム

わいわいアットホームは、府中に根差した府中が大好きな不動産屋さん。 もちろん府中市の他に、近隣市区も取り扱っております。 わいわいアットホームは、お客様一人一人の気持ちを大切にできる不動産屋さん。 当たり前のことかもしれないけれど、その当たり前のことって、結構むずかしいんです。 だって、ノルマを抱えているサラリーマン営業マンでは、売上が最優先なんですから。 その点、わいわいアットホームは、お客様が主体となって、本当に不動産取引を楽しくできるんです。 一生に数少ない不動産取引を、楽しい思い出にしたいお客様にはピッタリですよ♪ ほんとは、来店されるとコーヒーとお菓子を食べながら、楽しく落ち着いてお話しができます。気軽にご相談してみて♪