プライベート日記一覧

お盆休みの事。

2017年08月17日

今日から、営業再開です。

―――――

この1週間、家族で旅行やお家でまったり等しておりまして、

のんびりした1週間となりました。

で、旅行ではとにかく、朝から晩まで嘘のように歩きっぱなしの遊びっぱなし(笑)。

旅行の時は、たいがい朝はブッフェ形式なので食べ放題ということもあり、

毎度恒例で食べて食べて食べまくるのが松田家流(笑)。

私達より後にレストランに来た家族が先に食事が終わって帰っちゃうのは定番(笑)。

そのくらい食べまくりで、特に果物系のおかわりは止まりません、、、。

そして、お昼ご飯は軽くして遊びまくり、そして夜になると、適当に外食をする、、、、。

で、夜は軽い感じなんですけど、だいたいは3人前くらいを適当に注文して

これ誰のって決めないで家族全員でいろんな味を楽しむのが松田家流です(笑)。

でね、とにかく、いろんなところに行きました。

で子供が小学校2年生と4年生になったものだから体力がかなりついたので、

旅行という事で羽目を外し、夜の21時とかになっても外で遊ぶんですが、

流石に夜の21時や22時になると、2年生の娘は足がつらそう、、、。

で、普段は抱っこなんてしない年齢ですが、さすがに抱っこすることに、、、、(笑)。

 

で、背中には家族全員分の水筒等の重たい系の荷物を常に持って歩いていたので、

あれだけ食べに食べた1週間でしたが、太りませんでした(笑)。

なんだか足腰の筋トレのようでした、、、(笑)。

 

でね、宿泊したホテルには、トレーニングジムがついていたので、

いっちょやったるかなと気合を入れていたんですけど、

結局遊び疲れちゃって、トレーニングなんて全くできませんでした。

1度は経験でやってみたかったのに、ちょっと残念な気持ち(笑)。

でね、かき氷はすごくうまかった!

家族みんなで一つ頼んで食べました!

でね、一昨日と昨日、息子はやっぱり私に怒られちゃってね(笑)。

今回はわかりやすく説明したから、具体的でとても良く理解できたらしい。

失敗を恐れずに、失敗をバネにして挑戦することを一生懸命伝えてみました。

 

この1週間、とことん相手して楽しんだので、子供達もとても楽しかったみたい。

ホント楽しいお盆休みでした!

 

さて、業務開始が本日からですが、焦らずじっくりと1歩1歩業務を行っていこうと

思います。

よろしくお願いいたします!

車いすが必ずしも優先されるわけではない。

2017年08月04日

今日は、府中市では商工まつりがありました。

私は、自由参加ではありますが、東京都宅地建物取引業協会府中稲城支部の

ブースに13時より参加させていただきました。

でね、参加する前にお昼ご飯は家族で外食(笑)。

楽しいじゃないの(笑)。

その後、時間が迫っていたので、ブースに遅れないよう息子と手をつないで

あわただしく歩いていると、後から、何かが私にぶつかりました。

 

歩道は混雑していますから、別にぶつかられること自体特別なことでありませんし、

気にすることでもありません。(私が意図的にぶつかっているわけではないから。)

だから、いちいち気にせずに歩いていると、

「なに、フラフラ歩いてんの!じゃまだからまっすぐ歩いてよ!」と

後からキツイ声がしました。

(私はふらふら歩いている感覚はまったくありません、、、。)

で、振り返ると、おばあちゃんが座っている車いすを押している女性(きっと50歳超)でした。

で、物言いがひどかったので、無視をしました。

発言の程度があまりに低すぎて、相手にもしたくなかったのです。

すると、そのすぐ後に、わざと私の足に車いすをぶつけてきました!!

おばあちゃんが座っている車いすですよ、、、。わざと私に当てたんです!

 

でね、私、頭に来ました。

その理由はね、、、先ずは、結構痛かった。

そして、車いすに座っている方(つまり身障者)のお世話をしているのだから、

自分は優先されて当然であると取れるような威圧的な発声。

そして、混雑している歩道を我が物顔で優先して通れるのが当たり前のような発言

とその偉そうな態度、そして自分からわざとぶつかってきておきながら、

一言のお詫びもない、、、、。

(悪意を持ってぶつかってきているんだから当たり前だな、、、(笑)。)

このおばさんは狂ってると思いました。

 

自分(車いすを押している人自身)が普段大変なんだろうというのは、

それを見れば容易にわかる。

だからといって、自分が優先だというその物言いはふざけている。

 

こっちは、親子で手をつないで楽しく歩いているんだよね。

子供は小さいんだし、混雑しているんだから、まっすぐに目標物に向かって

歩くことなんてできない。

それに、あえてフラフラ歩くということもあり得ない、、、。

きっと、楽しそうに歩いている家族の事が憎ったらしく見えたのだろうね。

 

「ふらふら歩いて迷惑なんだよ!」と、いい年したおばさんが、子供連れの私(家族)に

言うものだから、我慢ならなかったわけね。

 

だから言っちゃった。

「車いすだからって、他の人をどかしてまで歩くのが当たり前なんですか?」

「自分からわざとぶつかってきて、非常識じゃないんですか?」

「謝りもしないなんてどういう考えですか?」

「(おまつりで)家族で楽しく歩いているだけですよ。何が悪いんですか?」

ってね。

 

今日は商工祭り。

歩道は混雑していてまっすぐに歩けないのは当然のこと。

 

身障者の方だから、当たり前のように偉そうな態度で優先を訴えるとは

何事なんだろうか。

私だって、そういう人に気が付けば、意地悪く邪魔なんかしない。

後から私にわざとぶつかって、鼻息荒く、攻撃的な言葉を言い放っておいて

非常識にもほどがある。

 

こういうおばさんは、良い反面教師であると思う。

だから、あえて子供たちの前にもかかわらず、

私は、その人に対し上記のようなことを言ったわけ。

 

 

後から「すみません、急いでいるのでちょっと避けてもらっていいですか?」

って聞こえてきたら、すぐにどいてあげる器量くらいあるつもりなんですけどね、、、。

車いすだからと、優先されるのが当たり前という感覚を持っているのであれば、

その時点でその人はアウトだね。

 

子供たちは良い経験をしたと思う。

周りの状況を考慮できず、かつ非常識な態度で、人に迷惑をかけるような事を

したら絶対にイケナイという事を学ぶ機会を得たのだから(笑)。

多摩川競艇場で初乗り!

2017年07月30日

今日は、多摩川競艇場でボートの試乗ができるという事で、

毎年恒例になっているようで、ボートに乗ってきました。

(府中市是政にあります。)

家族は、何回か乗っているんですが、私は仕事の都合上、

タイミングが合わなくて今までいけなかったんですが、家族の

時間はプライスレスなんていうんで、私の勝手で、

家族の時間はタイムレスということで、行ってきました(笑)。

(最近の息子は大きくなったせいか、意図的に渋い顔をするようになりました(笑)。)

で、家から現地までの道中は歩いて行ったんですが、セミの抜け殻がいっぱい。

なのに、天気が悪いせいかセミの声があんまりしないんだね。

静かでよかった(笑)。

で、本日は娘と一緒にボートに乗りました。エンジンは現地

のお兄さんが動かしてくれるんですが、ハンドルは自分たちで

コントロールできます!

ということで場内の水面コースを2週ほどさせていただきました。

でね、たくさんのボートが次から次へと走り出すので、水面が

結構波立って横揺れするんだね。

最初は落ちるんじゃないかと思って、少々ビビりました(笑)。

で、肝心の娘は怖い怖いって、結構ビビっていたんですが、

やっぱり水面が近いって、なんとなく恐い感じなんでしょうね。

何が出てくるかわかんないからね(笑)。

で、息子は2周を2回!

お~い。やりすぎだぞ~。

という事で、今日は良い経験ができました(笑)。

(ツーマ(妻)の顔の掲載は怒られる可能性を考慮して、消しました(笑)。)

逃げるな!

2017年07月29日

“逃げるな!”

最近よく使うキーワードですが(笑)、最近の私は、

ホントに我が子に時間をかけています(笑)。

というのは、子供が大きくなった為に、小さかった頃に比べて、

ツーマ(妻)の別のやることが多く体力的に大変になってきたのが

理由かもしれません、、、(笑)。

子供って、実は、ほっといても勝手に大きくなるんだね。

体(ハード)はどんどん大きくなっていくから、重要なのは

心(ソフト)を育てていくこと(教育)だと思うわけです。

それが親にとって最も大きな責任かなと思っています。

例えが悪いかもしれませんが、

パソコンを例にとるとわかるけど、どんなに性能が良くても、

良いソフトがちゃんと入ってないと、期待する動作はしてくれません。

それと同じです。

でね、うちの子供に限ってなのか、悪いことすると怒られるとわかるから

逃げるんだよね(笑)。だからね、最近はとことん追いつめています(笑)。

 

今朝なんか、ホント悪いことしてくれたので、こやつめ!

って思ったら、すごいスピードで逃げちゃったんだ(笑)。

 

でもね、結局つかまっちゃうでしょ(笑)。

で、とっ捕まえて、なぜ逃げることがいけないのか、

ビシビシと教えました(笑)。

ソフトが大事なので(笑)。

でね、怒りながら(しつけながら)ふと思う事なんだけど、

下の娘ってホントラッキーだなと。

 

だってさ、自分が怒られる前に、お兄ちゃんが怒られているのを見て

自然と学んじゃうでしょ(笑)。

ほんと、得だよねぇ。

(その分、親としても手間が省けるのでラッキーでもあります(笑)。)

その分、心をたたかれるお兄ちゃんは、

きっと精神的に強い人間になるだろうなと思うんだけど、

変なとこで曲がった人間にならないように、愛情もしっかりと注いでいるつもりです(笑)。

 

しかし、あれだけとことん怒っても、ちゃんと懐いてくれるってすごいことですよね。

時々思うんですけど、親子の絆って相当強いものなんですね。

(親が子供を想っていれば、、、が前提ですが(笑)。)

やっと子供の1学期が終了!

2017年07月20日

うちの子供たちは小学校4年生と2年生!

今日は、終業式を終えて帰ってきました。

で、私がお昼ご飯を食べにお家に帰ると、すで

に帰宅してました。

でね、私が子供の時は、真っ先に親に通信簿を

出して、自慢していました。

(もちろん、全部の評価が良いわけではないので

すが。)

 

で、だいたい親が「よく頑張ったな!」でおしまい

なんですが、今日は私激怒ね(笑)。

(4年生のお兄ちゃんに対して)

(もちろん、怒っているのは演技なんだけど、)

なんでそんなに怒ったのかって?

 

それは、1学期が終わっての”けじめ”がないか

ら。

むちゃくちゃに叱りつけました。

(もちろん本気でね(笑)。)

で、かなりグサッと心に刺さったのか、悔しがって

いましたが、どんどん悔しがってほしいし、それを

バネに前向きな心を養っていってもらいたいと思

うわけです。

 

自分は、自称”かなりの苦労人”ですが、子供に

は楽(サボる)事をさせず、しっかりと前向きに建

設的に辛い事にも楽しいと感じながら取り組んで

いける人になってほしいので、あえて厳しいことを

言って叱りつけますが、大きくなった時にこういう

事だったんだとわかる日が来るまでは、怖い一面

を持っているパパでいる必要があるのかなと思っ

ています。

 

ホント、最近は怒らなければいけない事ばかり。

今がきっと一番厳しくしなくてはいけない時期な

んだろうと思います。

 

親子でちゃんとできないことは、友達ともちゃんと

出来ないんだろうから、毎日の生活の中で、厳し

く楽しく教えて行かないといけないと思っています。

で、結論として、通信簿の評価といえば、概ね良い

感じでした。

 

しかし1つだけ課題が、、、(==;)

 

やはり親子だなと思える通信簿でした、、、(笑)。

 

明日から夏休み。

毎日子供がお家にいる楽しい日々のはじまりです

(笑)。

子どもと勉強の日々

2017年07月15日

この毎日、子供と一緒に勉強をしています。

これが結構楽しいんです。で、間違いがあるとそ

の日のうちに間違いを教えて、何が間違っている

のか、理解出来ているのか確認します。

でね、小学校4年生なんだけど、問題が独特なん

だな。

 

国語も社会も問題の中に答えが書いてあって、そ

こを読み上げて、カッコ内にその言葉を入れれば

正解になってしまうわけ、、、(==;)。

つまり、理解しているとかしていないとかではなく、

その文章から上手に抜き取りカッコ内に当てはめ

る技量があれば正解になっちゃうわけ。

 

こんな問題だと、考えなくても答えが正解になって

しまうわけだから、ホントの意味で勉強になってい

無いような気がして仕方がないのね。。。

(自分もそうだったんだけどね、、、。)

 

だから、正解した問題について別の角度から質

問をすると、全然答えられないのね、、、。

 

全然わからないから、必死になって、そのペー

ジのあちこちを見渡して答えを探そうとしている

わけ、、、(==;)。

 

だめだこりゃ、、、。

 

そこで私はこう思うわけ。

まったく理解してないじゃん、、、(==;)。

 

でも、そんな時でもとことん教えているつもりなの

で、結構覚えてくれているようにも思ったりするわ

け。

 

という事で、問題の作り方を見直してほしかった

りするのですが、そんなへ理屈は通らないので

私なりに、別の角度から質問をして、理解できる

まで教え込んでいます。

 

でね、この1ヶ月くらいかな、子供達にはTV禁止

令を出していて、ある番組15分以外は一切見さ

せていません。

TVなんか見たら宿題も終わらないし、やることも

終わらない。

 

だから、最初は愚痴を言ってました(笑)。

 

だけど、良いこともすごくあって、本を読む時間

が増えたことと、親子の会話の時間がとても増え

た(笑)。

元々会話は少ない方ではないとは思うのですが

より増えた(笑)。

これが一番の収穫かな(笑)。

 

子供との一緒の時間は思ったより少ない。

だから、今を大切にしたい。

いつも優しく、時に超厳しく、指導してるつもり(笑)。

でね、自分の勉強時間も取りたいんだ。

せめて2時間くらいは、、、。

批難されるべきは、あなただよ。

2017年07月01日

世の中には、僻み(ひがみ)、妬み(ねたみ)を

持っている人がたくさんいます。

 

 

で、今朝見たんだけど、海老蔵さんの件、知らな

い人はいないと思いますが、先日、奥様がお亡く

なりになられました。

それで、数日しか経っていないのに、子供を連れ

てディズニーランドに行ったそうです。

それを知ったある人が、海老蔵さんの行動につい

てネット上で批判したようです。

 

頭が痛いよね、、、。(このネットに投稿する人のこ

とね。)

だいたい、人様のお家の事を内政干渉して、何が

したいんだろうか?

自分の妻が死んだら、喪に服するって言うのは当

然なのだろうけど、子供が小さくて悲しい気持ちが

一杯になっているのを大人だったら経験上わかる

んだから、子供の気持ちを明るくしてあげたいとい

う親心だと思うんだよね。

海老蔵さんの肩を持つわけでもないけどね、海老

蔵さんは、自分の楽しみを優先してディズニーラン

ドに行っているわけではないよね、ふつー。

勿論、子供と一緒に楽しむわけですが、それって、

海老蔵さんの悲しみも子供に救ってもらっている

ということでもあるんじゃないだろうか。

 

身内が死ぬって本当につらいんだよ。

(経験した人ならわかると思うけど。)

 

その親心を否定するって、あまりに教養がないん

じゃないだろうか。

身内が死んだら、なぜ暗い気持ちでずっと生きて

いかないといけないんだろうか。なぜ、楽しいこと

をしてはいけないのだろうか。

そういう固定概念って、誰から学んだんだろうか?

その学びを教えてくれた人の考えはそもそも正し

いことなのだろうか?

 

こういった素晴しい行動をしている人を批難する

人って、ホント視野の狭い人だと思います。

 

私の個人的見解ですが、身内が死んで、家庭が

暗く落ち込んでいても、死んだ人は戻ってこない。

だったら、残された家族が、それを機に気持ちを

良い意味で入れ替え、死んだ人に私たちは幸せ

に過ごしています!って胸を張って生きていった

ほうが、素晴らしいことだと思うし、仮に私が死ん

で残った家族が暗い生活をしていると仮に知るこ

とがあるなら、私は「このばかちんが!」って怒鳴

っちゃうだろうね。

今までの自分との思い出は大切にしてもらいつ

つも、これからの人生、自分たちの楽しいことを、

自由にたくさんしてほしいと思うはず。

だって、家族のこと大好きだもん。

 

だから、海老蔵さんも同じかどうかわからないけど

、子どものために、頑張っているんだと思うんだよ

ね。

 

そういう、前向きに頑張っている行動を批難する事

自体がひどい事であり、非難されるべきは、ネット

にこういった批判を公表した人なのだと思います。

トレーニング続報(笑)

2017年06月24日

トレーンニングを始めようと意識したのが、1ヶ月

と1週間前。

そこから、食事の改善とトレーニングを始めたの

ですが、その途中結果が素晴らしい(笑)。

体重5キロ減!!

おぉ!!

でね、体が一回り小さくなったような気が自分で

もするぅ~(笑)。

 

元々はどうしても太らない体質だったので、太る

なんてこと想像もしていなかったんだよね。

でね、本音では、ちょっとぽっちゃりとしている方

がチャーミングでしょ(笑)。

だから、ちょっとふっくら感があった方が良いな

と思っていて、なんとなくそんな感じになったん

だよね。

でもさ、その調度良いところでストップするってこ

とは無いのね(笑)。

だから、肥満(指標)の仲間入りを果たすことに

なりました(笑)。

でね、今は毎日が筋肉痛だね。

今だと、ふくらはぎの後と内股。二の腕とその前

肩と背中、腹筋もキテルね。

でもね、体がとにかく軽くて、歩くのも走るのもす

ごく楽ちんになった。

階段も以前よりも全然楽ちんになった。

 

だから、トレーニングも楽しくて仕方がないのね

(笑)。

ホント限界まで回数こなしますから(笑)。

で、トレーニングするところには、計測器が置いて

あって、体重の他に、筋力量、脂肪量、骨量、体

脂肪率、アスリート指数、体内年齢、、、などがわ

かるんだけど、1週間で2回は計測するんだけど、

おおむね良い方向に数値が動いていて、やる気

が出るんだなぁ(笑)。

 

まだ1ヶ月ちょっとだけど、やる気にするには、ち

ゃんと結果を計測して、その動きを見るという楽し

みが必要なんだね。

 

トレーニングの大切さが今頃になって、実感として

湧いてきましたぁ(笑)。

 

これから、どんどん年取っていくから、体力は間違

いなく減少していくでしょ。だから、維持をするの

は当然の事だけど、できる限り体をリフレッシュして

いかないといけないし、トレーニングとかを生活の一

部に取り込んで、健康な生活ができるって言うのは、

幸せな事だと思います。

SNSの人への批判について思ったこと

2017年06月24日

SNSの投稿を見ていると、その記事を書いた人

への批判がよくあるよね。

あれね、十人十色って言うし、いろんな意見があ

って当然なので、いろんな意見が出されても良い

んだけど、下品な表現で批判をする人の多くが、

匿名だよね。

あれってさ、本人の名前をちゃんと公表したら、

そんな汚い言葉で批判出来んのかなって思うん

だよね。

(あ、もしかして私が見なければいいって思った?

そりゃそうなんだよね、、、ホントは(笑)。)

 

私もね、不動産業界にいるから、どっかの評論家

みたいな人が、現実離れしている机上の空論みた

いな記事を掲載しているのを見るけども、あんた

ホントのあほだな、、、って思ったりもすることもあ

るんだよね。

でも、それに対して反発的な意見をいう事って、

まず、めったにないよね。

私の場合、こういった考え方の人もいるんだなと

いう勉強をさせていただいているという、あくまで

謙虚な姿勢で受け止めるように考えているわけ

です。

(謙虚と言いながら、こいつあほだな、、、って思っ

たりしているんだけどね、、、(笑)。)

 

批判をすること自体は良いとは思うけど、少なくと

も、もう少し建設的な意見であればなお良いとは

思うんだよね。

 

この前見た不動産の記事は、実務をやったことあ

んのかな?って思えるような意見を書いていて、

現実とはまったくかすりもしないのね、、、(笑)。

ホント、なんにも言えね~、、、みたいな感じの記

事だったなぁ(笑)。

 

で、いつもすごいなって思うのは、様々な記事に

ついて猛烈批判をする人って、汚い言葉をとこ

とん駆使して相手をののしる。

これは、本当に才能だね(笑)。

あれってさ、自分はこんなにも下劣な人間なんだ

ってみんなに宣伝していることになぜ気がづかな

いのかなって思うんだ。

相手に悪口言われて、自分も悪口を言いかえして

(それも汚い言葉で)、お互いに攻撃し合うって、

どうかしてんじゃないかなって。

たかが文字なんだけど、見ているとホントにむなく

そ悪くなるのね、、、ほんとに。

しかもね、批判している人って、自分は誰なのか

伏せて反論しているんだから、そのやり方も汚い

よね。

名前と住所も出して、正々堂々とあんな汚い言葉

を連発できるのだろうかと思ったりするんだよね。

 

人の心の闇ってすごいものなんだろうね。

 

先日、あったでしょ。

ある議員さんの表裏の言葉づかいのひどい事。

もう議員生活は終わったようなものだよねぇ。

終了だよ、あれは、、、(笑)。

 

 

十人十色と言って、様々な考えがあるのだから、

どんな反論でも自由でいいとは思うんだけど、

SNSで反論するなら、もう少し反論や批判の仕

方を考えた方が良いよね。

できるなら、自分の名前を公表してから反論を堂

々としたらいかが?って思うこともあるよね。

匿名で言う発言行為は、自分が思っているほど、

周りの人からは評価はされないと思うんだなぁ(笑)

シーサー作りました(笑)

2017年04月13日

先日、初めて沖縄に行ってきました。

沖縄って結構雨が多いらしいことを聞いていた

のですが、とても良い天気でとても過ごしやすか

ったのでラッキーでした(笑)。

 

で、どうしてもやりたかった一つがコレ!

シーサー作り。

ハイ、こちら!

どうです。いいでしょ?

シーサーはね、沖縄県などでみられる伝説の獣

の像のことなんだね。建物の門や屋根、村落の

高台などに据え付けられていて、家や人、村に

災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味があ

るんだ。

そして、男の子と女の子がいるんだよね。

男の子の方は、口を開けている方で、

「口を開けた方が福を招き入れる!」

「魔を吸い込む!」

という事らしく、その一方の口を閉じているのが

女の子方なのですが、

「福を逃さない」などといった効果

があるそうです。

女の子にはリボンをつけてみました。

 

シーサーの世界でも、男はワイルドなんだね(笑)。

 

で、沖縄ではね、たくさんの建物があったんだけど、

シーサーがあちこちの建物に飾ってあるんだよね。

これって地域柄なんだね。とても沖縄っぽいと思っ

たね。

ちょっと昔の日本の味を残した雰囲気で、すごく

良かった。

1~3月はほとんどお休みをいただいていなかった

から、本当に久々に楽しかった。

 

で、私がシーサーを作った時のポイントがあってね。

ここで解説しよう(笑)。

1.マヌケな表情である事。

この方が愛着が持てる。

2.男の事と女の子が仲がよさそうなこと。

これは大切であーる。

3.男の子はワイルドに、女の子はかわいく。

私はワイルドではないけどね(笑)。

4.小っちゃくて場所を取らないこと。

これは大切であーる。

こんなところかな(笑)。

 

で、シーサー作るのって、結構簡単で小さな子供で

も、誰でも挑戦できます。

たしか、この粘土の量で2,000円ちょっとだったん

だけど、焼き上げる時間が2時間程度だから、だいた

い3時間もあれば充分にできてしまいます。

沖縄行った人は、やってみると面白いと思いますよ。

 

あぁ、また行きたい(笑)。